洋画レイプシーン:パウリーナ/La Patota

パウリーナ/La Patota

ドロレス・フォンシ

判事の父を持つ弁護士のパウリーナ(ドロレス・フォンシ)はそのキャリアを捨て、社会奉仕を志してアルゼンチンの都会から生まれ故郷の田舎町へ帰る。そこで暮らす貧しい若者たちへ現代の民主的な権利などを教える教師となった彼女だったが、しかし、同僚女性の家でワインを飲んだ帰り道、自らが教える男子生徒を含む不良集団「パトータ」から突然レイプ被害に遭ってしまう。

偉そうにしてる女教師を犯してしまいたくなるというのは万国共通ですかな。ちょっと暗いですが、ドロレス・フォンシさん、意外にかわいいお尻ですな。

What do you think of this post?
  • 抜けない (4)
  • 抜けた (16)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。