洋画レイプシーン:桑の葉

桑の葉

イ・ミスク

1920年代、半島のある寒村。村一番の美人アンヒョプ(イ・ミスク)は賭博好きで年に数回しか家に帰らない夫サムボに金を渡すために、桑の実の収穫を引き受けるが、村の男たちはそんな彼女に言い寄り、彼女も良心の呵責を感じながらも生活の苦しさから金と引き換えに体を許していく。しかしそれが村の女たちの知るところとなり、長老が追放を告げにいくが、彼女の魅力の前に骨抜きにされ、引き下がってしまう。そんな中、アンヒョプにしつこく言い寄りながら相手にされないサムドルが腹立ちまぎれに全てをサムボに話してしまう。サムドルを殴り倒したサムボはアンヒョプを問い詰めるが、全ては自分が置いてけぼりを食わせたことが原因だと彼女を許し、また都会へと去っていく。しかし実は彼は抗日レジスタンスの闘士で、その後ろ姿を日本軍の若い憲兵が追っていった。

今週は韓国特集にしますかな。この作品は有名ですな。1985年の作品ですが、韓国ではまだおっぱい見せてくれない時代なんですな。ちなみに韓国初のポルノはこの前年に作られた「膝と膝の間」だそうですな。

What do you think of this post?
  • 抜けた (4)
  • 抜けない (6)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。