洋画レイプシーン:Home

Home

Lena Suijkerbuijk/Els Deceukelier

17歳のケビンは暴力事件を起こして刑務所に収監された。出所後、家族から見放されたケビンは叔母であるソーニャの元で暮らしながら配管工見習いとして働き始めた。高校に編入したケビンは、恋人のリナ(Lena Suijkerbuijk)、ソーニャの息子サミー、そして友人のジョンたちと平穏な生活を取り戻していたが、ジョンが母親(Els Deceukelier)から性的虐待を受けていることを知る。

最初のシーンはガールフレンドに手コキしてもらってるんですな。こういうの懐かしいですな。男はみんな身におぼえがあるでしょうな。彼女が生理中でエッチができず、「手でいいから」、「口でいいから」なんて抜いてもらったもんですな。でもやっぱり母親に抜かれるというのはゾッとしますな。ところでLena SuijkerbuijkさんにEls Deceukelierさん、なんて発音するのかわかりませんぞ。

What do you think of this post?
  • 抜けた (2)
  • 抜けない (16)

コメントはこちら(承認制です)