洋画レイプシーン:さよなら ミス・ワイコフ / Good Luck, Miss Wyckoff

さよなら ミス・ワイコフ / Good Luck, Miss Wyckoff

アン・ヘイウッド
イブリン・ワイコフ(アン・ヘイウッド)は、カンザス州フリーダムの高校でラテン語の教師をしていた。そんな彼女を原因不明の体調不良が襲った。35歳にしてまだ処女であった彼女は、この不安定な精神は更年期障害からきていると診断されショックを受ける。ある放課後、ワイコフが教室に居残って採点していると、臨時用職員のレイフ(ジョン・ラファイエット)が掃除にやってきた。彼はフットボールの花形選手でアルバイトで高校に来ている黒人の短大生だ。性格は尊大で嫌われ者だった。彼は、ワイコフの前に立ちはだかり、作業服のジッパーを下ろした・・・

洋画レイプシーンの代表作。撮影当時の実年齢47歳のアン・ヘイウッド、でもいい身体してます。熟女レイプの草分けですな



What do you think of this post?
  • 抜けない (14)
  • 抜けた (35)

2 thoughts on “洋画レイプシーン:さよなら ミス・ワイコフ / Good Luck, Miss Wyckoff

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。