洋画レイプシーン:ボーイズ・ドント・クライ/Boys Don’t Cry

ボーイズ・ドント・クライ/Boys Don’t Cry

ヒラリー・スワンク
1993年、ネブラスカ州リンカーン。20歳のブランドン(ヒラリー・スワンク)は男装して小さな町フォールズタウンへ向かう。そこで地元の青年ジョンとその弟分トムらと知り合い、彼らの仲間の女性ラナと恋におちる。ブランドンは、危険な存在の彼らと距離を保っていたが、裁判所の召喚命令に背いていたため、ある日免許証から本人とバレて逮捕拘留された。ブランドンは面会に現れたラナから真実の告白を迫られ、自分は性同一障害者であると打ち明けた。ブランドンを愛するラナはその事実を受け入れたが、仲間はブランドンを忌み嫌った。新聞でブランドンが女性と知った町の人々は彼女を変態扱いした。そしてついにある日、ブランドンは彼女を許せなかったジョンとトムの手で殺され、死体で発見されるのだった。

性同一障害のお話ですな。ヒラリー・スワンクさん、ほんとに男の子に見えますが、やっぱりついてないですな。



  • 抜けない! (1)
  • 抜けた! (0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。