洋画レイプシーン:Anger

Anger

Analía Couceyro

Natiは口の利けない少女だった。彼女は両親と三人暮らしだったが、貧しい農村で忙しく働く両親はNati邪魔者扱いしているようだった。そんな彼女の遊び相手は近隣の農家の息子であるLadeado、ただ一人だった。しかし、彼の父PichónとNatiの母Ale(Analía Couceyro)は不倫の関係にあった。二人は暴力的なSEXにおぼれ、それを二人の子供たちにも隠そうとしなかった。そんな行為を見ていたLadeadoは、動物を虐待するようになる。口の利けないNatiは母親の行為を絵に描き非難しようとしたが、その絵を父親が見てしまう。

レイプというか、そういうSEXがお好きな不倫関係にあるお二人の話ですな。激しいですな。


  • 抜けない! (3)
  • 抜けた! (1)

One thought on “洋画レイプシーン:Anger

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。