洋画レイプシーン:ヒストリー・オブ・バイオレンス/A History of Violence

ヒストリー・オブ・バイオレンス/A History of Violence

マリア・ベロ
インディアナ州の田舎町ミルブルックにある小さなダイナーのオーナー、トム・ストールは、弁護士の妻エディ(マリア・ベロ)と高校生の息子ジャック、娘サラとともに穏やかな日々を送っていた。そんなある日、トムの店が拳銃を持った強盗リーランド・ジョーンズとウィリアム・オーサーに襲われるが、トムは驚くべき身のこなしで2人を撃退する。店の客や従業員の危機を救ったトムは一夜にして地元のヒーローとなった。それから数日後、片目のえぐれたフィラデルフィア・マフィア、カール・フォガティがダイナーに現われ、過去を知っているような口調でトムに親しげに話しかける。フォガティは、トムの本名はジョーイ・キューザックで、フィラデルフィア・マフィアのボス、リッチー・キューザックの弟だと主張する。トムはそれは完全な人違いでありマフィアとは面識がないと否定するが、フォガティはそれを受け入れず執拗に一家につきまとう。神経質になるトムのいらつきを感じ取った家族はぎくしゃくし始める。

過去を知られてイラついた旦那さんが奥さんを犯しちゃってるということですかな、これは。



  • 抜けた! (0)
  • 抜けない! (0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。