洋画レイプシーン:危険な誘惑/The Ladies Club

危険な誘惑/The Ladies Club

カレン・オースティン
ジョアン・テイラー(カレン・オースティン)は、ロサンゼルス市警の婦人警官。ある夜、彼女の家に三人組の強盗が押し入り、ジョアンは抵抗するも輪姦されてしまう。三人組はすぐに逮捕されるが、弁護士により裁判で無罪になってしまった。失望の中、ジョアンは女医のコンスタンス・ルイスを知る。ルイス医師の元には強姦被害者たちが集まっており、彼女自身も娘を強姦され殺された過去を持っていた。ジョアンもまたルイス医師の元に通うようになり、他の被害者たちと交流を持つ。しかし、彼女たちの本当の目的は強姦加害者たちをおびき出して誘拐し、ルイス医師が去勢手術を行うことだった。

婦人警官だけに強いおねえさんですが、やっぱり犯られちゃいますな。自分を犯した男を誘惑しておびき出して去勢しちゃうなんて考えただけでも怖いですな。でも、誘惑されておびき出されたら迷わず行っちゃいそうな自分も怖いですな。



  • 抜けない! (1)
  • 抜けた! (0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。