洋画レイプシーン:Silip

Silip

Maria Isabel Lopez/Sarsi Emmanuelle
マルコス政権末期のフィリピン海浜の村。そこでキリスト教の教理を教えている若い女性トーニャ(Maria Isabel Lopez)は、村の男シモンに性的に惹かれながら、欲望をむりやり抑え込んで生きている。シモンもトーニャに惹かれているが、トーニャは頑なに拒む。そこに都会からトーニャの妹セルダ(Sarsi Emmanuelle)が外人の恋人を連れて帰ってくる。彼女はトーニャと違って自由奔放な女性で、トーニャに見せつけるようにシモンと抱き合ったりする。こうして姉妹の間の緊張が高まる一方で、トーニャが子供たちに行き過ぎたかたちで教えるキリスト教的モラルと、セルダの自由すぎる振る舞いが、偽善的な村人たちの反感をともに買ってゆく・・・

ちょっと混ざりたいくらい壮絶な輪姦ですな(104:40あたりから)。フルバージョンですぞ。



  • 抜けた! (1)
  • 抜けない! (0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。