洋画レイプシーン:クリーブランド監禁事件 少女たちの悲鳴/Cleveland Abduction

クリーブランド監禁事件 少女たちの悲鳴/Cleveland Abduction

タリン・マニング

米オハイオ州クリーブランドのある田舎町。学歴もなく、職もない若くて未熟なシングルマザー、ミシェル(タリン・マニング)は、愛する息子ジョーイに大怪我を負わせてしまい、行政の保護下におかれた。そんなある日、ジョーイの今後にかかわる大切な審査に遅刻しそうになったミシェルは、店で偶然出会った男カストロの誘いを受け、車で送ってもらうことに。だが、カストロはミシェルをそのまま自宅へ連れ込み、ロープで縛り上げ、監禁。その後、アマンダ、ジーナも拉致され、女性3人が10年以上にわたってカストロの悲惨な性奴隷となる。

実際の事件を基にした作品ですな。結構、有名な事件ですな。しかし、3人と10年生活するとはタフですな。

What do you think of this post?
  • 抜けない (11)
  • 抜けた (14)

コメントはこちら(承認制です)