洋画レイプシーン:処刑教室/Class of 1984

処刑教室/Class of 1984

メリー・リン・ロス

1984年、“暴力学園”としてその悪名をとどろかしているエイブラハム・リンカーン高校に、音楽教師としてアンディ・ノリスが赴任してくる。ノリスはコリガンをはじめとする同僚の教師たちが皆、護身用に銃を持っている事に驚く。高校はステッグマン率いる不良グループに牛耳られており、教師たちは銃を所持しなければならないほどまでに身の危険にさらされていたのだ。ステッグマンたちは早速ノリスに目を付け、妨害を開始。ノリスは彼らを無視して淡々と授業を行う一方でコンサートの準備を進めるが、彼の身重の妻ダイアン(メリー・リン・ロス)にまで危害が加えられるに及んで、ついに対決を余儀なくされる。

もう有名なレイプシーンですが、紹介してませんでしたかなあ。見つからないのであげておきますぞ。どうも紹介したつもりになってる作品が多いですなあ。無名時代のマイケル・J・フォックスが出演してるらしいですが、わかりませんな。


  • 抜けない! (5)
  • 抜けた! (3)

2 thoughts on “洋画レイプシーン:処刑教室/Class of 1984

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。