邦画レイプシーン:不良姐御伝 猪の鹿お蝶

不良姐御伝 猪の鹿お蝶

池玲子/早乙女りえ/クリスチーナ・リンドバーグ

葛西杏子は三歳の時、警視庁刑事の父を目の前で殺された。犯人の記憶は全くないが父の手に残された猪・鹿・蝶の三枚の花札がその手掛りだった。そして二十年後、明治三十八年。金沢で政界の黒幕民政会の黒川の襲撃に失敗して逃走中の柊修之肋という男を、通りすがりの女博徒・猪の鹿お蝶(池玲子)が助けた。そのお蝶こそ、葛西杏子が成人して華麗に変身した姿だった。彼女は仕立屋お銀というスリの女親分の養女として育てられたのである。お蝶は、おゆき(早乙女りえ)という女郎屋に売られた少女を捜して東京・浅草に来た。おゆきは、加納組々長キズ源の手配によって、黒川を後楯としている岩倉土建の社長岩倉直蔵に抱かされようとしていた。お蝶は博奕で、おゆきの身柄を賭けようと岩倉に申し出た。岩倉はクリスチーナ(クリスチーナ・リンドバーグ)という外国人の女を代人に立て、勝負は英国貿易商ギネス邸で争われた。

フルバージョンも1970年代の作品ですぞ。東映ポルノですな。クリスチーナ・リンドバーグさんが出てますな。やっぱりかわいいですな。

What do you think of this post?
  • 抜けない (6)
  • 抜けた (9)

2 thoughts on “邦画レイプシーン:不良姐御伝 猪の鹿お蝶

コメントはこちら(承認制です)