洋画レイプシーン:肉体の森/Deep in the woods

肉体の森/Deep in the woods

イジルド・ル・ベスコ

19世紀、南フランス。流浪人のティモテは、裕福な医師の娘ジョセフィーヌ(イジルド・ル・ベスコ)に魅せられ、口がきけないふりをして彼女の家に上がり込んだ。そんな矢先、ティモテは2人きりになった隙に催眠術のような不思議な呪文でジョセフィーヌを縛り、無理矢理に身体を奪ってしまう。ショックを受けたのもつかの間、ジョセフィーヌは森へと逃げ去ったティモテを追い、2人はあてもなくさまよいながらセックスを繰り返すようになるのだが・・・

ずいぶん前に一度ご紹介していますな。他にもエッチなシーンがたくさんありましたので、あらためてご紹介しますぞ。イジルド・ル・ベスコさん、前回は気がづきませんでしたが、おおっぱい大きいですな。
すみませんな。貼れてませんでしたな。

What do you think of this post?
  • 抜けない (13)
  • 抜けた (19)

コメントはこちら(承認制です)