洋画レイプシーン:ハモンハモン/Jamon Jamon

ハモンハモン/Jamon Jamon

ペネロペ・クルス

小さな町に住む魅惑的な少女シルヴィア(ペネロペ・クルス)と大手下着メーカー社長マヌエルの息子ホセ・ルイは恋人同志。シルヴィアの母カルメンは街道沿いの売春宿を切り盛りしている。ある日、ホセがシルヴィアを妊娠させてしまったことが発覚する。ホセを溺愛する母コンチータは二人を結婚させてなるものかと、闘牛士を夢見る美少年ラウルを下着モデルとして雇い、シルヴィアを誘惑させようと罠を仕掛けるが、どうしたことかコンチータは、ラウルの肉体に自ら溺れていってしまう。しかしラウルは、シルヴィアに強く魅かれていた。コンチータの横槍でホセとの間がしっくりいかないシルヴィアは、再三ラウルのアプローチにも冷たい態度で接していた。ある日、カルメンとシルヴィアが可愛がっていた子豚が、二人の目の前でラウルのバイクに跳ねられて死んでしまう。しかしシルヴィアが駆け寄ったのはラウルの方だった。この事件を発端にして、この六人の男女は、自らの抑制してきた欲望を剥き出しにする。

いいですな。私もこんな白いワンピースの中に手を忍ばせて弄りたいですな。登場人物がいっぱいで複雑なストーリーはほっときますぞ。


  • 抜けた! (2)
  • 抜けない! (2)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。