洋画レイプシーン:Wages of Sin

Wages of Sin

キャサリン・エヴェレット

1964年、アメリカの小さな町。流れ者のバディはカリスマ性を持った男だった。彼は孤独なセリーに町で最も裕福な家庭の娘キャサリン(キャサリン・エヴェレット)を誘拐するよう持ち掛ける。身代金でお互いに新しい生活を手に入れることができると説得するが、躊躇するセリーにバディは誰も傷つけないと約束をする。

登場人物は3人のようですな。2011年の作品ですが、キャサリン・エヴェレットさんのブラジャーに時代感がありますな。1964年といえば前回の東京オリンピックの年ですな。

What do you think of this post?
  • 抜けた (0)
  • 抜けない (26)

コメントはこちら(承認制です)