邦画レイプシーン:虜 TORIKO(1995)

虜 TORIKO(1995)

森永奈緒美

大都会の闇の中、美女連続殺人事件が起こる。暗視スコープ・ボイスチェンジャーで顔を覆った殺人鬼。暴力により自由を奪い、サディスティックに犯す。そして自らの欲望が達した瞬間、絶命させる。鉄製鎖による絞殺、鋭利な刃物による刺殺など、殺し方は様々だ。そして、今宵も惨劇の宴の幕が上がる。今度のターゲットには、名島瑶子(森永奈緒美)が選ばれる。年齢・27歳。容姿端麗。職業・サイコセラピスト助手。最近、一人暮らしを始める。14歳の時暴行された経験あり。彼女の部屋に強行に侵入する殺人鬼。しかし、彼女だけはほかのターゲットと違っていた。

いやいや懐かしいですな。森永奈緒美さん、皆さんご存知ですかな。たしかJACに所属して戦隊ものかなんかでデビューして、その後セクシー系に転じましたが、なんともエッチな身体が大好きでしたな。これは観た記憶がありますな。ちょっと画質悪いですが、懐かしいので長めにアップしてしまいましたぞ。

What do you think of this post?
  • 抜けない (1)
  • 抜けた (9)

One thought on “邦画レイプシーン:虜 TORIKO(1995)

  1. 森永さんといったら、シャイダーのアニーじゃん
    おのれ!フーマの仕業か!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。