邦画レイプシーン:蛇にピアス

蛇にピアス

吉高由里子
現実感のない毎日に苛立ちだけが募る19歳のルイ(吉高由里子)は、ある日渋谷の街で一人の青年、アマと出会う。顔中にピアスをしている彼の舌は、先端が蛇のように2つに割れたスプリットタンだった。それは舌にピアスをあけ、徐々に穴を大きくしてつくったものだった。まったく違う世界に触れ、ルイはその舌に心奪われてしまう。自分も同じような舌になりたいと、アマが紹介してくれた店で舌にピアスをあけるルイ。店長の彫り師シバは、ピアスも刺青もアマ以上だった。シバのほうもルイを見てサディストの血が騒ぐ。ルイはスプリットタンを目指すと同時に、背中に龍と麒麟の刺青を彫ることを決意する。アマとシバ、2人の男に愛されながらひたすら身体改造にのめり込むルイだったが・・・

朝ドラ「花子とアン」でお馴染みの吉高由里子さんですな。これはもう有名ですが、朝ドラからは想像できませんな。大きくはないですが、いい乳してますな。



  • 抜けた! (0)
  • 抜けない! (0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。