邦画レイプシーン:うそつきパラドクス

うそつきパラドクス

本山なみ

草食系男子の八日堂俊介は、少しぼんやりした癒し系の同期・栖佑日菜子(本山なみ)に入社当時から想いを寄せているが、栖佑には名古屋に遠距離恋愛中の彼氏がいた。ある日、名古屋にいる彼氏の愚痴をこぼす栖佑に八日堂は「ホントの彼氏の替わりに、うそでいいので代用品の恋人にしてくれないか」と提案をする。突然の申し入れに戸惑う栖佑だったが、二人はお互いの寂しさを埋める代用品として“うそ”の関係をスタートさせる。微妙な距離感から始まった“うそ”の恋人関係だったが、二人の関係も気づけば三ヶ月。食事やキスを繰り返すうち、その衝動と矛盾は徐々にエスカレートし、いつでも終われると思いながらも八日堂は週末のデートに胸を膨らませていた。そんな中、栖佑のもとに今週末会いたいと名古屋の彼氏から突然の連絡が入り、葛藤の末、名古屋へと向かった栖佑。だが名古屋から帰ってきた栖佑は以前とどこか様子が違っていた。不穏な空気を感じとった八日堂は同僚の丸悦実生に相談するが、丸悦もまた言葉にできない思いを心に秘めていた。

週末フルバージョンは、2013年公開作品ですな。ちょっと話題になっていたのを憶えてますな。しかし、遠距離恋愛ってのは私には無理ですな。特に若いころはエッチしたいときにエッチできない彼女なんてのはあり得ませんな。そういえば昔、嫁の友達が遠距離恋愛をしていましたな。ただ、相手がどうにも猜疑心の強い男らしくて、ちょっと電話に出ないだけで「どこ行ってた、誰と会ってた」としつこいらしいんですな。そんな男やめろと忠告したんですが、結局は添い遂げましたな。ちょっときれいな娘だったし、エッチもできないでたまってるだろうと嫁の目を盗んでエッチなことしてやろうかと思ったんですが、その想いは遂げられませんでしたな。残念でしたな。

What do you think of this post?
  • 抜けない (11)
  • 抜けた (16)

コメントはこちら(承認制です)