邦画レイプシーン:透光の樹

透光の樹

秋吉久美子
山崎千桐(秋吉久美子)は父と娘の3人で暮らし、借金返済のため苦しい日々を送っていた。ある日、25年前に思いを寄せていた今井と再会した千桐は、今井に自分を買ってほしいと申し出る。

秋吉久美子さんですな。2004年の作品ですから、もう結構なお年だと思いますが、いい身体してますな。レイプシーンかどうかは微妙ですが、借金のためにわが身を売った女性の悲哀、というところでお楽しみくだされ。もちろん熟女好きにもたまりませんな。



  • 抜けた! (0)
  • 抜けない! (0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。