邦画レイプシーン:桜の樹の下で

桜の樹の下で

七瀬なつみ
京都にある老舗の料亭「たつむら」の女将・菊乃は、四十半ばながらその美貌は歳を感じさせなかった。夫とは別居状態で娘の涼子(七瀬なつみ)と二人暮らし、時おり東京の出版社社長・遊佐恭平と大人の恋愛を楽しんでいる。「たつむら」の東京支店オープンの準備が進められ、大学を卒業した涼子は菊乃の許で見習いを始めた。春、京都の桜を見に来た遊佐を涼子か案内し、今度よその桜を見に連れていってほしいと頼んだ。東京支店の準備も大詰めとなり菊乃は遊佐と東京・三田のマンションを見に行った。暗闇の中で二人は愛し合い、菊乃は早く東京の人になりたいと思った。五月、涼子は遊佐にせがんで、二人は秋田へ飛び、角館の桜を見に行った。その晩、遊佐と涼子はホテルで結ばれた。それから涼子の様子が変わり、遊佐も菊乃を避けるようになった・・・

今ではすっかりママさん役の七瀬なつみさんですな。きれいですな。案外おっぱいもありますな。今度TVでみたら立っちゃいそうですな。



  • 抜けない! (2)
  • 抜けた! (1)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。