邦画レイプシーン:寒椿

[高画質で再生]

寒椿

南野陽子
昭和2年、21歳の貞子(南野陽子)は女衒の岩伍に買われ、高知の妓楼『陽暉楼』へ身売りされる。永年の女衒稼業を続ける岩伍は、これまで1度も身売りされる娘やその親に同情したことはなかったが、貞子の初々しさには何か心にひっかかるモノがあった・・・

まさかナンノが乳首吸われるところを見ることになろうとは・・・



  • 抜けた! (0)
  • 抜けない! (0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。