邦画レイプシーン:愛しのハーフ・ムーン

[高画質で再生]

愛しのハーフ・ムーン

伊藤麻衣子
23歳のOL、杉野洋子(伊藤麻衣子)には、横山と石田という大学時代の先輩で好対称の性格のふたりの男友だちがいる。ふたりとも洋子を想っていたが、洋子は真面目で直情型の横山に次第に魅かれるようになっていた。そして、横山のプロポーズを承けたのが昨年のことだった。今年の夏、横山と洋子は結婚式場さがしで大忙し。そんな中で洋子は胸にふっきれないものを感じはじめていた。平凡な人との結婚は本当に幸福なのだろうか・・・

伊藤麻衣子のレイプシーン・・・ではないかもしれませんな。でも、オッパイの揉み方がエッチだね



  • 抜けた! (0)
  • 抜けない! (0)

2 thoughts on “邦画レイプシーン:愛しのハーフ・ムーン

  1. 伊藤麻衣子と言えば、「高校聖夫婦」というドラマでの、ブラジャー丸出しレイプ未遂場面が印象に残ってますね。あと、薄暗い部屋の中で、上半身ブラジャーになった場面も確かあったはず。昔はアイドルと言えども、手加減なしの美味しいシーンが多かったですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。