邦画レイプシーン:ダイアモンドは傷つかない

ダイアモンドは傷つかない

田中美佐子
予備校の中年講師の三村に弓子(田中美佐子)は秘かに瞳れていた。ひょんなことから親しく話をする機会があり、薄汚れた駅前の食堂で三村は「男には、自分の傘に女を入れてやりたい奴と、自分が女の傘に入りたい奴と二通りある。俺は入れて貰うほうだ」と弓子に話した。三村の家庭は妻の真知子が数年来ノイローゼで、表面的にはうまくいっているように見えたが、虚構の家だった。弓子は志望校の早稲田大学に合格し、三村から高価な家具や指輪をプレゼントされた。50年たったら結婚しようという三村の言葉を理解しようとしながらも、彼を愛したことから始まった行場のない淋しさに疲れ始めていた・・・

スクール水着とは、いいですな。引きちぎるよりも、隙間から手を突っ込みたいですな



  • 抜けない! (3)
  • 抜けた! (2)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。