邦画レイプシーン:残酷・女高生(性) 私刑

残酷・女高生(性) 私刑

東てる美/谷ナオミ/中島葵
父親が再婚し、継母・恭子(谷ナオミ)に敵意を抱くユキ(東てる美)は恋する和夫と無理心中を迫ったが失敗に終った。この事件で恭子はユキの母になりきれる自分を悔いたが、ユキの叔母のかおる(中島葵)は、そんな恭子を激しくなじり、ユキを引き取った。ある日、ユキの友達の忍と潤子を誘って四人で高級スナックに行った。そこで、かおるは酒の勢いで淫蕩な本性を出し、バーテンの学とセックスにおよんだ。数日後、この事で忍がユキに、かおるを侮蔑するような事を言ったために、潤子を混じて三人は激しい喧嘩となった。丁度通りがかったジャリトラの運転手と助手が仲裁に入るふりをして、三人を飯場に連れ込み強姦した。妊娠していた潤子は出血が止まらず、ユキは彼女を恭子の家へ運び込んだ。一方のかおるはユキの父親を強引に誘いセックスを迫った。偶然、この場を見たユキは、かおるの本性を知ることができた。数日後、ユキは、学と忍と潤子を誘ってかおるをいたぶった。恥かしい姿態をとらされながらも歓喜に溺れていくかおるを見て、ユキはシニカルに笑っている。やがて、恭子と素直に接することができるようになったユキは、家に戻るのだった。

いやいや、これはまた懐かしいお名前が並びましたぞ。いずれも若いころお世話になりましたな。そのお名前を聞いただけでチ○コがドクンと反応しますな。でもこれは観た記憶がありませんな。さてさて、やっぱり恒例になってしまった金曜日のロマンポルノ特集。今週も抜けますぞ。



  • 抜けた! (0)
  • 抜けない! (0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。