邦画レイプシーン:天使のはらわた 赤い淫画

天使のはらわた 赤い淫画

泉じゅん
デパートに勤務する土屋名美(泉じゅん)。ある日、同僚の瞳のアルバイトを代わりにすることになった。それがビニール本のモデルとは知らないまま、名美は強引に脱がされ、緊縛され、次々と写真を撮られた。やがてそれらの写真は「赤い淫画」というタイトルで世に出回り、爆発的に売れた。以来、名美は何者かに狙われていると感じ、怯えていた。そして、不倫関係にある上司にビニール本のことがばれ、会社をクビになってしまう。そんな名美の前に現れたのが、青年・村木。うだつの上がらない生活の中で、「赤い淫画」の名美を見て独り自分を慰め、彼女に魅了されていたのだった。そんな彼の住むアパートの周辺では下着泥棒が横行。近隣住民やアパートの管理人は村木を疑っていた・・・。

泉じゅんさん、私などの世代ではどストライクですな。きれいないい乳してましてな、若い頃はずいぶん抜かせていただいたもんですぞ。でも変な居酒屋のオヤジと結婚したと聞いたときにはショックでしたな。さて、今日で仕事納めのパパさんたち。今年も一年お疲れ様でした。年末年始も忙しいことと思いますが、今夜くらいはゆっくりと懐かしい一本でお楽しみくだされ。



  • 抜けない! (1)
  • 抜けた! (0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。