邦画レイプシーン:セックス・ハンター 濡れた標的




セックス・ハンター 濡れた標的

青山美代子/伊佐山ひろ子
ある基地の街。バー“ダミイ”に勤める夏子(青山美代子)と悦子(伊佐山ひろ子)の二人が三人の米兵に襲われた。気絶した悦子が眼を覚した時、鳥居には夏子の首吊り死体があった。夏子の兄・春彦がこの事件を知ったのは、夏子のことで起こした傷害事件で服役中の時だった。妹だけが全てであった混血の春彦は、夏子の顔が思い浮かぶたびに復讐の念に燃えるのだった。やがて釈放された春彦は警察を訪れ妹の事件を調べた。しかし全てMPが持ち去ってしまい、日本の警察では無力であることを知らされた。やむなく春彦は悦子の行方を捜し出すが・・・

何やら半袖では寒いし、上着を着ると暑いし、困った季節ですな。待ち行くお姉さんたちの生足、ミニスカートなんて姿がめっきり少なくなって寂しいですな。さて、今週のロマンポルノ特集は70年代の作品ですな。観たことありませんが、伊佐山ひろ子さんが出てますな。



  • 抜けない! (1)
  • 抜けた! (0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。