邦画レイプシーン:レイプハンター 狙われた女

レイプハンター 狙われた女

岡本ひろみ
中原冬子(岡本ひろみ)は流産したことを夫の実家に報告にいくところだった。夫と一緒にグリーン車の席に着くと、修という若者が、誰かと人違いして夫に斬りかかってきた。数日後、冬子は親友の京子とお見合の相手、佐々木とバーに飲みに行くと、そこで、あの修と出会う。その店には、アケミという修の女がいて、マスターのガンに覚醒剤をもらっていた。しばらくたったある日、冬子が家でアイロンをかけていると、修がやってきて、彼女を強引に犯してしまう。流産以来、夫とうまくいっていない冬子は、修の若さに惹かれていく。それから三ヵ月が過ぎ、冬子は妊娠していた。それは修の子であり、冬子はこの前のバーに電話して修と会った。そのとき、サラ金集金人がアケミの利子を取り立てに店に来た。法外な料金にガンが集金人に襲いかかり、傷を負わせてしまう。集金人は示談金の借用書をその場にいた冬子の名義にして立ち去った。修はその借金返済のためにサラ金会社強盗を計画、冬子もアケミ、ガンとともにその片棒を担ぐことになり、金を奪うとモーテルに身を隠した。冬子は事の重大さに気づき、逃げ出そうとするが修に見つかり、犯されてしまう。冬子はショットガンを手にすると修に向けて引き金を引いた。

三連休ですな。正月休み明けのだるい一週間のあとに三連休とはありがたいですな。でもこれでまた調子が崩れますな。さて、今週のロマンポルノ特集は岡本ひろみさんですな。出演作は少ないですが、記憶には残ってますな。なかなかエキゾチックな顔が印象的でしたな。



  • 抜けない! (1)
  • 抜けた! (0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。