邦画レイプシーン:襲う!!

襲う!!

小川亜佐美
婦人警官・久美子(小川亜佐美)が一人でパトロール中、大型トラックがミニパトカーに迫ってきた。危険を感じた久美子は廃車置場に逃げこむが、トラックはパトカーに衝突し、そのショックで久美子は失神する。トラックを運転していた男は久美子から奪った手錠を彼女にかけ、強姦するのだった。放心したまま女子寮に戻った久美子。翌日から、久美子自らの捜査を始める。ある日、署内のトイレで久美子は、またあの男に襲われる。彼女は犯人に対する憎しみの裏側に、肉体的な欲望に目覚めていく自分を感じていた。そして、またしてもあの男に襲われた時、もはや久美子は抵抗せず、男のなすがままにされる。日に日に久美子は変貌していった。ある夜、あの男が久美子の部屋に忍び入ってきた。彼女は待っていたかのように、手錠を自らかけ、男を迎え入れる。久美子は顔さえしらない男に強姦されるうちに女の歓びを知り、大人の女へと目覚めていくのだった。

これも名作でしたな。小川亜佐美さん、きれいな人でしたな。婦人警官レイプというのが当時は斬新でしたな。さて、何となく恒例になってきた金曜日の「ロマンポルノ特集」。今週もお届けしますぞ。お好きな方、やっぱり多いようですな。もちろん私も好きですぞ。



  • 抜けた! (6)
  • 抜けない! (2)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。