邦画レイプシーン:女教師狩り(1/2)

女教師狩り(1/2)

伊藤京子
女教師・坂谷島子が担任する生徒、大介がクラスメートの緑(伊藤京子)を強姦したという通報が入った。新学期が終ろうとする頃、大介は事実を調べる島子に退学届を出すと、放送室にいた緑を犯した。大介は、身に覚えのない噂を流したのは緑と誤解していたからだ。島子は夏休みに入ると、妻子ある雑誌の編集者、一郎と避暑地の別荘で情事に耽っていた。その頃、同じ避暑地に大介も来ており、テキ屋の政治郎と情婦の今日子のところに転がり込んだ。一方、緑は同じ放送委員の良夫が、大介と緑の仲をねたんで、嘘の通報をしたことを知る。そして、良夫に犯されそうになった緑は、ビールびんを頭に叩きつけた。

いやいや春ですな。桜はぼちぼち散り始めましたが、春ですな。今日あたりは入学式だったようで、あちこちで真新しい制服を着込んだ少女たちをたくさん見ましたが、もう引きちぎってやりたいですな。というわけで、先週は洋物の女子たちをご紹介しましたが、リクエストもありましたので今週は和物で。犯されるJKを存分にご堪能いただきますぞ。とはいうものの、邦画でJKのレイプシーンとはなかなか難しいお題ですな。もうあらたか紹介してますし。やりやすいのは、にっかつのフルバージョンでないやつって感じですかな。1本目はこれも昔観ましたな。主演の女教師役、風祭ゆきさんは吹っ飛ばして行きますぞ。お互いくれぐれも真似しないように、せいぜいこっちで抜いときましょう。



  • 抜けた! (2)
  • 抜けない! (0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。