邦画レイプシーン:女地獄 森は濡れた

女地獄 森は濡れた

伊佐山ひろ子
大正時代。世の中は各地で起った米騒動で騒然としていた。幸子(伊佐山ひろ子)は三日間も歩きつづけていた。幸子の主人が、米騒動に捲き込まれ、目前で殺されてしまい、その場から逃げ出して来たのだ。そんな幸子の後を尾ける一台の車があった。車には、ホテルの女主人・洋子が乗っていた。洋子は幸子を自分のホテルへ招いた。そのホテルとは、奥深い森の中にあり、セックスと暴力で人間が人間を飼育する快楽の園だった。ホテルの男主人・竜之介は、純な幸子を見て巧みに幸子の飼育を始めた。竜之助と洋子にとって善悪などは問題外であり、快楽のみが生きる証しであった。善の象徴たる幸子に対して、異常な興奮を覚えるのだった。

伊佐山ひろ子さん、今ではドラマでおなじみのひとくせありそうな女優さんですが、ポルノ出身でしたな。リバイバルでよくお見かけしましたが、あらためて見ると案外いい乳してますな。さあ今週のロマンポルノ特集は、伊佐山ひろ子さんが変態夫婦に犯されまくる何とも淫靡な一本をお届けしますぞ。



  • 抜けた! (0)
  • 抜けない! (0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。