邦画レイプシーン:女豹

女豹

田中こずえ/日向明子/六本木舞
入鹿夕子(田中こずえ)は長い海外生活から数年ぶりに日本に帰って来た。郊外にあるオーロラ・コーポには入鹿一族が住んでおり、その夜から彼女はそこで暮すことになる。入鹿一族はかつて、ある村に住んでいたが、そこがダムになり湖底に沈むことになったのだ。夕子が邸に入っていくと、パーティの最中で、晶子(六本木舞)という18歳の娘が男たちに輪姦されていた。中心になっているのは夕子の兄で画家の卓也だ。翌朝、卓也と妻の貴子(日向明子)は息のない晶子を車で運び、山奥に捨てると、二人は激しく貪り合うのだった。

もう9月も終わりですな。早いですな。今年もあと2ヶ月ですか。年取ると1年が早いですな。さて、今週もロマンポルノ特集をお届けしますぞ。日向明子さんが出てますな。もうちょっと若いころはセーラー服が似合いましたな。



  • 抜けない! (2)
  • 抜けた! (0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。