邦画レイプシーン:ラブ&ドール

ラブ&ドール

吉沢明歩

37歳で童貞と噂の独身男性・川口洋平は、同僚の合コンの誘いにも乗らず、会社と家の往復を繰り返す毎日。実は、彼は人形しか愛せない人形収集家だった。ある日、マリーと名付けた人形(吉沢明歩)が喋り出し、洋平に恋をした。洋平はマリーを部屋に閉じ込めて毎日マリーの身体を弄るが、外の世界に興味を持ったマリーは部屋を抜け出し、街へ飛び出してしまう。そして刺激的な外の世界に戸惑うマリーに、怪しい男が声を掛けてくる。

メイドの次はドールですな。やっぱりかわいいですな。

What do you think of this post?
  • 抜けない (2)
  • 抜けた (3)

コメントはこちら(承認制です)