邦画レイプシーン:高野聖

高野聖

後醍醐華子
若い修行僧の宗朝は、信州・松本へ向う飛騨天生峠で、妖しい美女(後醍醐華子)の住む孤家へたどり着いた。宗朝は傷ついて汚れた体を、親切な女に川で洗い流して癒してもらうが、女もいつの間にか全裸になっていた。翌朝、女の家を発ち、宗朝は里へ向いながらも美しい女のことが忘れられず、僧侶の身を捨て女と共に暮らすことを考え、引き返そうとしていた。そこで出会った男に女の秘密を聞かされる。女には、肉体関係を持った男たちを、息を吹きかけ獣の姿に変える妖力があるという。宗朝はそれを聞くと、魂が身に戻り、踵を返しあわてて里へ駆け下りていった。

無修正フルバージョンも邦画にしましょうかな。「高野聖」といえば、私などの世代には裏ビデオとして有名でしたがな、じつは武智鉄二監督のれっきとした映画だったんですな。もっとも海外輸出用で国内では未公開だったそうですな。それが逆輸入されて裏ビデオとして普及したようですぞ。パパさんたちは懐かしく、お若い方は逆レイプ作品として抜いてくだされ。抜けたら拍手を!



  • 抜けた! (2)
  • 抜けない! (0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。