邦画レイプシーン:ひと夏の秘密

ひと夏の秘密

原悦子
ちひろ(原悦子)は養父・軍治の危篤の報に、家出してから六年ぶりで故郷の海辺の町に帰郷した。警察官だった軍治は何者かに殺された実の娘ミユキの命日に、ちひろを襲い、裸にすると銃口を押しつけ、のしかかっていった。そして、その銃が暴発し、警察を辞職したのだ。射的屋の光一に「十一歳で殺された娘の代りに十一歳のときこの家に貰われてきた」と話すちひろ。夕暮れの海を、一億円の保険に入って入水自殺した夫の死体を捜すミサと軍治の弟邦夫の姿があった。

今週のロマンポルノ特集は、いやあ、お懐かしいですな。原悦子さんですな。最も抜かせていただいたお一人ですぞ。もうお顔を見ただけで立ってきますな。



  • 抜けない! (2)
  • 抜けた! (1)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。