邦画レイプシーン:エロスは甘き香り

エロスは甘き香り

桃井かおり/伊佐山ひろ子
カメラマン浩一、服飾デザイナー悦子(桃井かおり)、漫画家志望の昭、バーのホステス雪絵(伊佐山ひろ子)の四人が同棲生活を始めた。ある日、酔った雪絵を、浩一は衝動的に抱いてしまった。雪絵はそれを待っていたかのように彼を迎え入れた。昭は売れない劇画を描き始め、描き上った作品を出版社に持ち込んだが、やはり不採用だった。失望にやけっぱちで飲んだ酒のいきおいで彼は悦子を抱いてしまった。そんな彼を悦子はやさしく、つつみこむのだった。その頃、浩一は行きつけの居酒屋の主人・久生からワイ写真のモデルを依頼されていた。相手は久生の女・雀である。数日後雪絵は共同生活に嫌気がさして、部屋から出て行った。誰も止めようとはしなかったし、止める権利のないことも知っていた。そして、ワイ写真のモデルとなった浩一と、劇画を諦らめた昭と、二人のヒモを持った悦子の三人の奇妙な生活が、あてどもなくつづいていった。

今週のロマンポルノ特集は名作ですな。桃井かおりさん主演ですぞ。お若い世代の方は、桃井さんがポルノに出ていたなんてご存じないんでしょうな。22歳のころの作品ですぞ。ふっくらとしたかわいい顔立ちで、いい乳してますな。



  • 抜けた! (1)
  • 抜けない! (0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。