邦画レイプシーン:愛獣 襲る!

愛獣 襲る!

泉じゅん/野々村るい
横浜の裏町にある小さなバー。「ポールスター」は二人の娘をかかえた浮子がやっている。浮子はヤクザを取締る刑事、河村の愛人で、二人は姉妹の前でもおかまいなしに関係した。そんな生活に嫌気がした姉の遊(泉じゅん)は家を飛び出した。そして五年後。二十二歳になった遊が横浜に戻ってきた。母の浮子はチンピラと心中、妹のルイ(野々村るい)も行方知れずだ。なんとか妹を探すが、彼女は仲間の少年に姉を強姦させるほどすさんでいた。遊は母の心中以来、河村はヤクザ組織松崎組の大幹部になっていることを知る。遊は母の死に不審を抱き調べ始めた。そのとき松崎組のドスケンが現れ、組の不平を話しだした。遊は体でドスケンに接近する。河村は母を使って麻薬ルートを調べ、警察に知らせないで組に持っていき、口塞ぎに母を心中と見せかけて殺し、自分は大幹部に座ったことを聞きだした。追いつめられた河村は、毎月生活費を送るルイに会った。本当の父親かと迫るルイに、河村は思わず体を重ね、横浜を出ることを告げる。そこへ遊が現れ河村と対峙する。横浜を出るという河村の胸に遊の挙銃が火を噴いた。岸壁にフッ飛び、息づかいの荒い河村の一物をつかむとエレクトさせ、遊はそこに腰を沈めた。腰を激しくグラインドする遊は、やがて雄叫びに似た声をあげながら愛獣と化していく・・・

二度目の登場、泉じゅんさんですな。冒頭のセーラー服、いいですな。さて、久しぶりの日活ロマンポルノシリーズ。ソチ五輪とともにゆっくりご覧下され。



  • 抜けた! (0)
  • 抜けない! (0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。