ドラマレイプシーン:おとり捜査官・北見志穂 第16作『婚カツ美女連続殺人』

おとり捜査官・北見志穂 第16作『婚カツ美女連続殺人』

宮本真希
ある日、都内で現金輸送車が拳銃を所持した3人組の男に襲われる事件が発生。犯人2人を逮捕したものの、残るひとりの男がオフィスビルに逃げ込み、人質を取って立てこもった。男が飛び込んだのは、女性医師が開いている心療内科で、中には患者も1名いると思われた。人質に取られていたのはカウンセリングを受けていた末永夏美(宮本真希)で所轄の警察官だという。

台風が近づき、強風で盛大に女子のスカートがまくれ上がる今日この頃、皆様ご無事でお過ごしでしょうかな。こちらは昨日から今日にかけて丸1日、また凍結されましたな。怖いですな。気をつけないといけませんな。で、今日は突然背後から襲われ眠らされるところまでですが宮本真希さん。じつは結構好きでしてな。最近はちょっとやせたようですが、前はもっとムチムチして肉感的な身体がたまりませんでしたな。元タカラジェンヌで、当時セクハラ被害を受けたとか聞いたことありますな。あの身体ですからな、そりゃ手も出ますな。



  • 抜けない! (1)
  • 抜けた! (0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。