邦画レイプシーン:序の舞

序の舞

名取裕子

幼いころに父を亡くした津也(名取裕子)は絵画に強い興味を示し、小学校卒業と同時に松溪画塾へ通うことになった。自分の作品が博覧会で一等となった津也は、師匠の松溪から松翠という雅号を授かり、天才少女と騒がれるようになる。同じ塾に通う村上徳二という青年に好意を抱く津也だったが、料亭で松溪に抱かれ、彼の子供を授かった。津也の母である勢以はそのことを知り、娘を激しく責め、絵を禁じてしまう。見知らぬ土地で子供を産んだ津也は、徳二を頼って東京へ行くが、かつて図画を教えてくれた恩師の西内と再会。徳二のもとを離れ、再び絵の道へ進むことを決意したのだった。

いやあ、これも懐かしいですな。上村松園が師匠の鈴木松年に手込めにされるシーンですな。名取裕子さん、きれいなおっぱいしてましたな。このおっぱいで何度か抜いた記憶がありますな。のどかな時代でしたな。


  • 抜けた! (9)
  • 抜けない! (6)

One thought on “邦画レイプシーン:序の舞

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。