邦画レイプシーン:希望の行方 女学生みなみ

希望の行方 女学生みなみ

倉木しおり

両親を亡くしてしまった高校生の遠藤美波(倉木しおり)。美波が頼ったのは幼い頃に別れた兄、健太だった。年の離れた兄との新しい生活が始まり、両親を失った哀しみも徐々に和らいで行く美波。このまま兄妹二人、平穏な日々が過ぎて行くと思われた矢先、岡部が現れる。健太はギャンブルで岡部から多額の借金をしていた。借金返済のために昼夜を問わず働く健太。その留守中、美波の前に岡部が現れる。岡部は健太が美波の身体で借金を返済するつもりだと騙し、美波を犯す。そんなことを知らない健太は働き続けるが、自分が返済した額よりも借金が減っていることを知る。美波が自分に代わって返済していることを岡部から聞いた健太は美波を問い詰める。美波は岡部に犯され、その後も身体を要求され続けていることを告白する。ショックを受けた健太は自殺、美波は岡部に復讐をする。

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いしますぞ。年末はたくさん抜いていただけましたかな。今年も元旦から抜いてもらいますぞ。

What do you think of this post?
  • 抜けない (4)
  • 抜けた (13)

コメントはこちら(承認制です)