邦画レイプシーン:溺愛 父ちゃんば いないと寂しか

溺愛 父ちゃんば いないと寂しか

涼川絢音

1997年、博多。刑務所から出所し故郷に戻った慎吾は段ボールの中に捨てられた赤ん坊を拾う。慎吾は保護司が用意したアパートでマリ子と名付けた赤ん坊と暮らし始めた。あれから18年、マリ子(涼川絢音)は美しい少女に成長していた。慎吾はマリ子が捨て子であったことを隠し、実の娘として育てていた。心だけではなく身体も結ばれていた二人には実の親子以上の絆が生まれていた。慎吾は日雇いで働きながら人身売買にも関わっていた。またマリ子も男には内緒でモデルと称しては画家に身体を弄ばれるバイトで生計を助けていた。そんなマリ子の前に保護司の黒木が現れる。黒木は慎吾の秘密を教えるといい、マリ子を犯した。慎吾の秘密と自分の出生知ったマリ子は黒木を刺し殺した。そして二人は最期の時を過ごす・・・

切ない話ですな。涼川絢音さんの博多弁、かわいいですな。以前に行ったキャバクラに博多出身の子がいましてな。大人しい子でしたが、博多弁がかわいくておっぱい触ろうとしたら怒られましたな。

What do you think of this post?
  • 抜けない (3)
  • 抜けた (4)

コメントはこちら(承認制です)