邦画レイプシーン:あ~お父様 13才で養女になった娘/28才の息子の嫁

あ~お父様 13才で養女になった娘/28才の息子の嫁

日高ゆりあ/川島あみ/白瀬あいみ/加賀雅

高校生の明子(日高ゆりあ)には義理の父がいた。母とはすでに離婚してたが、結婚していたころから明子と義父には肉体関係があった。そして明子は義父が忘れられず、住まいを訪ねる。しかし、義父にはすでに他の女(加賀雅)がいた。その女はこともあろうに明子の担任の教師だった。/松子(川島あみ)は13才のときに両親を亡くし、ある裕福な篤志家の養女になった。不自由のない生活を送る松子だったが、14才のときから養父に夜の相手をさせられていたが、養父は家政婦(白瀬あいみ)とも関係を持っていた。そして18才になった明子は義理の叔父にも犯されてしまう。/28歳の豊子(加賀雅)には警察官の夫がいた。真面目な夫だったが、夜は淡白で豊子には物足りなかった。夫婦の隣室には夫の父親が一人で住んでいた。妻を亡くした義父は多忙な放送作家で、食事や身の回りの世話は豊子がしていた。夫よりも義父に惹かれていた豊子。3ヶ月前に初めて義父に抱かれて以来、夫の目を盗んでその関係が続いている。

三連休でしたな。もうひとつヘンリー塚本作品でお楽しみいただきますかな。先週は場違いな話を綴ってしまい、申し訳ありませんでしたな。でも皆さんからいただいた暖かいコメントに元気をもらいましたぞ。皆さん、本当にありがとう!

What do you think of this post?
  • 抜けない (5)
  • 抜けた (8)

コメントはこちら(承認制です)