邦画レイプシーン:ノン子36歳(家事手伝い)

ノン子36歳(家事手伝い)

坂井真紀

ノン子(坂井真紀)東京で芸能活動をしていたが鳴かず飛ばずで、自身のマネージャーと結婚するもすぐに離婚し実家へ戻ってきた。現在は実家である神社で家事手伝いをしているが、それもおざなりになっている。そんなノン子に対して家族は冷ややかな態度で接する。やり場の無い不安を抱え、恋愛や仕事に縁のない日々を送っていたノン子。そんな時、神社の祭りでひよこを売ってひと山当てようと意気込んでやってきた若者・藤巻マサルが現れる。世間知らずだが、とにかく一途で真っ直ぐなマサルにノン子は閉ざしていた心を次第に開き始める。そんな時、ノン子の前に元マネージャーであり元夫の宇田川が現れる。

坂井真紀さん、結構好きですな。こんなエッチな人でしたかな。
(昨日の続き)
もちろん嫁には彼女以上の罪滅ぼしをして、バレないように細心の注意を払っていましたが、それでもやっぱり女は勘が鋭いんですかな。いつかだったかバレンタインデーに彼女からもらったチョコレートをうっかり家に持って帰ってしまったんですな。いつもは彼女と一緒に食べてしまうんですが、なぜかその日は持って帰ってしまったんですな。捨てるわけにもいかず、どうしようかと思ったのですが、まあいつも会社でもらった義理チョコを持って帰るので「その一つ」ということで持って帰ったんですな。ところが、それを見た嫁が「愛人さんから?」などというのでドキッとしましたな。ちょっと高級チョコだったので、いつもの義理チョコとは違和感があったんですかな。ヒヤリとしましたな。まあ、それ以上は嫁から追及されることもなかったのですが、それを彼女にいうと「持って帰ったの?」と驚きましてな。しばらく「どうしよう」と心配していましたな。やっぱり女同士、何かわかるんですかな。その後の彼女はデリ嬢のころから使っていたお気に入りのボディーソープをやめて無香料のものに変えたり、コロンをつけないようにしたり、ホテルを出るときには髪の毛がついていないか、匂いは残っていないか、必ず私のボディチェックをして痕跡が残らないように気配りをしてくれるようになりましたな。

What do you think of this post?
  • 抜けない (3)
  • 抜けた (7)

コメントはこちら(承認制です)