邦画レイプシーン:メノット

メノット

国分佐智子/藤本綾

名家・西徳寺家の美人姉妹・久美(国分佐智子)と香織(藤本綾)は、毎年夏になると別荘で暮らしていた。香織は今年も婚約者の津山に連れられて来てみると、先に来ていた姉の他に別荘を修理している男たち、高塚と友井がいた。毎年久美と暮らす夏を楽しみにしていた香織は、危険な匂いのする男たちの出現に不満だったが、高塚という男には少し興味を持つ。やがて、高塚と久美の秘め事を目撃した香織は、高塚に対する感情が膨らんでゆく。香織は小さい頃から、いつも大事なものを綺麗な姉・久美に取られてばかりだったからだ。一方、久美も密かに香織を疑っていた。何故なら香織の初体験の男は自分の夫の俊彦ではないかと思っていたからだ。次第に姉妹の仲は高塚をめぐって揺れ動いてゆき、やがて危険な男たちの正体、そして、俊彦の秘密まで明かされることになる。

藤本綾さん引退作品だそうですな。ちょっと話題になっていた記憶がありますな。きれいなおっぱいなのにもったいないですな。そして国分佐智子さんは二代目林家三平の奥さんですな。

(昨日の続き)
会えるタイミングが合わず、私が冗談半分で「浮気していい?」とメールすると「<(`^´)>却下!」と返信してきて、仕事終わりで疲れているのに会ってくれたりしましたな。それでもときどき「(◞‸◟ㆀ)受理」などと送ってくるので、私も調子に乗って他のデリ嬢をつまみ食いしていたのですが、そんな彼女への罪滅ぼしに何度か温泉旅行に連れて行きましたな。そもそも彼女は風呂好きで、ホテルでも一回戦を終えて私がガーガー寝ている間に、ゆっくり1時間は浸かっているくらいでしたな。出張と偽り平日に予定を合わせて近場の温泉に行くんですが、ちょっと贅沢に露天風呂付の部屋をとるのが常でしたな。いっしょに露天風呂に入れば、湯船に浮かんだ彼女の巨乳を揉んだり吸ったりするわけですが、彼女とは逆に「カラスの行水」の私はのぼせてしまうので、彼女が上がってくるのをチ○コ立たせてベッドで待つことになるんですな。「お待たせ」なんていいながらベッドに潜り込んでくるとようやく一回戦が始まるわけですが、終わると今度は大浴場へ行くんですな。戻ってきたころには夕食の用意ができていて、あまりお酒の強くない彼女とビールで乾杯して、おいしい料理を食べながらつらつらといろいろな話をしたもんですな。考えてみれば普段はエッチをするばかりで、じっくり話をすることはありませんからな。生い立ちなどはほとんど話してくれませんでしたが、子供のころの話になるともっぱらおじいちゃんとおばあちゃんの話で、私もそれ以上は聞けませんでしたな。

What do you think of this post?
  • 抜けた (2)
  • 抜けない (10)

コメントはこちら(承認制です)