邦画レイプシーン:月光ノ仮面

月光ノ仮面

石原さとみ
戦後2年が過ぎた昭和22年のある晩、擦り切れた軍服を身に着けた男がふらりと町に現れる。彼はいきなり寄席小屋に入って高座に上がってしまったため、噺家たちにつまみ出されてしまう。そこに偶然弥生(石原さとみ)が通りかかり、その男こそが戦前に一世を風靡した若手落語家で、彼女のいいなずけだった森乃家うさぎだと明言する。

まだまだ梅雨は続くようですな。先週はアジア物をご紹介しましたな。では今週は日本物にしますかな。石原さとみさん、以前に舞台を観たことがありますな。女優さんというのは舞台で見るとみんなきれいに見えますな。



  • 抜けない! (2)
  • 抜けた! (0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。