邦画レイプシーン:丑三つの村

丑三つの村

田中美佐子

昭和の戦時下、岡山の寒村に祖母と二人で暮らす青年・犬丸継男は、村一番の秀才として名高い。ある日、村の風習である夜這いを知り、彼もこれに溺れるようになる。徴兵検査を受けた継男は、当時の医学では不治の伝染病として忌み嫌われていた結核と診断され、「名誉の出兵」が適わなくなる。このことが村人達に知れ渡り、女たちも彼を役立たずと馬鹿にするようになる。村八分のような状況となった彼から恋人のやすよ(田中美佐子)も離れ、次第に追い詰められた彼は村人達に対して、復讐を決行する。

これも懐かしい作品ですな。八つ墓村のモデルになった事件を映画化した作品でしたな。田中美佐子さん、お若いですな。まるで幼女のようなおっぱいですな。このおっぱいがお好きな方には同時期の主演作「ダイアモンドは傷つかない」もおすすめですぞ。


  • 抜けた! (3)
  • 抜けない! (2)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。