邦画レイプシーン:オールナイトロング

オールナイトロング

加山由実
飛行機整備士を目指す慎治、予備校通いの優等生徹也、金持ちの息子の健介の少年三人は女子高生を狙った通り魔殺人を目撃した時から友達になり、ある日健介が彼女連れのパーティーを計画する。しかし健介と徹也はいつまでたっても彼女が出来ずにイライラがつのり、慎治は彼女(加山由実)を作り幸せな青春を手に入れかけるも、二人を狙った五人の不良少年達に襲撃されて傷を負い、彼女は無残にもレイプされ、絶望の底に堕ちる。全員の怒りが煮え立つ状況下、健介が猟銃を持ち出したことから彼らは不良少年達への復讐を計画。アジトに殴り込んだ三人は猟銃で不良達を脅し、徹底的に叩きのめすが、徹也が誤って不良の一人を射殺した瞬間、三人の狂気は爆発し、復讐は見境なき殺し合いへと発展する。

着衣レイプですが、ハイソックスとミニスカートから覗く白い太ももが何ともそそりますな。映画自体が物議を醸したようですが、このシーンもちょっとだけ血を見ますので一応、閲覧注意ですぞ。



  • 抜けた! (1)
  • 抜けない! (1)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。