邦画レイプシーン:新・仁義の墓場

新・仁義の墓場

有森也実
石松陸夫は、沢田一家総長・沢田忍を敵の銃弾から身を呈して守り、20歳そこそこの若さで沢田一家の直若となる。すっかり沢田に気に入られた石松は、いまや何も怖いものはない。高級クラブで新人ホステス智恵子(有森也実)に目を付けるや力ずくで自分の女にしてしまう。そして、山東会の山根が総長を批判していると聞くと逆上してすぐさま殺してしまうのだった。刑務所での5年の務めを終えて娑婆に戻った石松は、沢田一家と今村組の盛大な歓迎を受ける。そして智恵子も待っていてくれた。石松には明るい未来が待っているかに思われたが・・・。

今週は久々に邦画特集にしますかな。有森也実さん、好きですなあ、この方。「激動の1750日」という映画で初めて観て、きれいな方だと思ったもんですな。



  • 抜けない! (1)
  • 抜けた! (0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。