邦画レイプシーン:女必殺拳

女必殺拳

橘なみ

日本人と香港人を親に持つ娘・李紅竜は、三ヵ月前東京で謎の失踪をした兄を探しに来日した。兄は香港警察の麻薬Gメンで、日本の麻薬組織を捜査中だったのだ。紅竜は拳法の恩師で、兄が世話になっていた少林寺拳法道院長・藤田徹道を尋ねた。そして、藤田より、女拳法の達人・早川絵美と、拳法の天才で用心棒や私立探偵をやっていた響征一を紹介された。二人は紅竜に同情して、いつでも力になろうと約束する。紅竜は、響が匿っている、組織に麻薬患者にさせられた香港の女麻薬Gメンから、組織の秘密の一部を知らされた。早速、紅竜は組織の本拠である角崎の屋敷に乗り込むが、角崎の雇った凄腕の武道家たちの攻撃にあい、断崖から突き落とされた。紅竜は危く一命をとりとめるが、角崎は紅竜の伯父玉堂を脅迫して紅竜をおびき寄せ闇討ちしようとした。しかし紅竜の必殺拳は、急襲してくる角崎の配下を一瞬のうちになぎ倒してしまう。卑劣な角崎の裏をかいて、本拠の潜入に成功した紅竜は、地下の鉄牢で麻薬のため廃人同様にさせられた兄・万青を発見した。二人が言葉を交そうとした矢先、一味に感づかれ、紅竜は激しく応戦するが万青は殺されてしまう。怒りを爆発させた紅竜は、必殺“乱花血殺”を炸烈させるが、多勢な角崎一派の前に一歩一歩後退を余儀なくさせられた。その時、響、絵美たちが駆けつけ形勢は逆転、再び壮絶な死闘が展開された。そして紅竜の必殺拳はじりじりと角崎を追い込んでいった。

今週も邦画特集にしよう考えていたら、昔好きでよく観てた空手映画を思い出しましてな、探したらありましたぞ。志穂美悦子さん主演ですな。好きでしたな。田舎のほうではこんなシーンのある映画を平気で日曜日の午後なんかに放送してたもんですな。いや懐かしいですな。


  • 抜けた! (9)
  • 抜けない! (2)

One thought on “邦画レイプシーン:女必殺拳

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。