邦画レイプシーン:影の軍団 服部半蔵

影の軍団 服部半蔵

森下愛子

慶安4年、徳川三代将軍家光の死去に伴い、家光の弟である会津藩主・保科正之が幼い世継ぎ・家綱の補佐役となった。これに対し、筆頭老中・松平伊豆守信綱は権力維持のための策略を練っており、そこには甲賀忍者の頭目・甲賀四郎兵衛の影があった。一方、伊賀忍者の服部家には上下二家があり、上の服部家は正体を隠して常に世人に交わり、 下の服部家は草に生きて機に応じて現れる習わしだった。 そして、上の半蔵は正之に接近することで服部家の「お家再興」を目論んでいたが、下の半蔵は大名屋敷を狙う盗賊の頭となっていた。 対照的な2人の服部半蔵は、それぞれ別の理由から伊豆守の陰謀を阻もうと協力することになる。

いやあ、森下愛子さん。本当に可愛いですな。このきれいな可愛いおっぱいで何度も抜かせていただきましたぞ。当時は森下愛子さんと竹田かほりさんが私的には双璧でしたな。もうどちらで抜くか、毎晩悩んだもんですぞ。もちろんネット動画はおろかビデオもない時代ですから、もっぱら映画雑誌でしたな。そういえばお二人ともミュージシャンの奥さんですな。


  • 抜けた! (8)
  • 抜けない! (2)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。