邦画レイプシーン:暴力教室

暴力教室

結城なほ子/山本由香利/安西マリア
名門私立高校・愛徳学園高校に転任してきた体育教師・溝口。だが、そこは非行少年グループによる暴力が支配する地獄の学園だった。溝口はリーダー・喜多条らグループの主要メンバーのいるクラスの担任を任される。さっそく初日の自己紹介でナイフの洗礼を受けるが、溝口は投げつけられたナイフを逆に喜多条に向かって投げ返し、不良たちに正面から対抗する。体育担当の溝口は喜多条らを徹底的にしごきあげるが、喜多条らグループのメンバーはおかまいなしに授業を抜け出し、校内・校外を問わず無法の限りを尽くす。が、そのたびに溝口と対立。一方その頃、学園の理事長は、校長らと結託し、学園の移転に伴う土地売却にからめて巨額の利鞘をとろうと企てていた。この相談を立ち聞きしてしまった理事長の娘・ますみ(結城なほ子)は愕然とし、道をふみはずして夜の町で遊び呆けてしまう。酒、タバコ、シンナーに汚れてゆくますみを偶然見つけた喜多条は、ますみをグループにひきずりこみ、あられもない写真を撮って理事長・石黒に送り届ける。スキャンダルとなるのを恐れた石黒らは、事態の収拾を図るべく溝口を派遣。溝口はメンバーの暴力を受けながらも写真のネガを取り返すことに成功する。どうにもおさまらない喜多条は、溝口の妹・淳子(山本由香利)を犯す。逆上した溝口は翌日学校で多くの生徒や教師が見守る中、喜多条に鉄拳制裁を浴びせる。一方、ますみから理事長の汚職について聞かされた女教師・花房(安西マリア)は、学園幹部の不正を糾弾すべく立ち上がる。花房は自宅で謹慎している溝口を訪れ協力を依頼するが、溝口は日本酒をあおるばかりで取りつく島もない。淳子に送ってもらい帰路に就く花房だったが、ふたりを正体不明の覆面の集団が襲う。花房は草むらに数名に押し倒されて犯され、必死に逃げる淳子はトラックにひかれ重体に陥る。

メリークリスマスですぞ。今夜は性夜に相応しい伝説のシーンをお届けしますぞ。もうレイプシーン好きには有名な松田優作主演作品ですな。山本由香利さん、かわいかったですな。もっと人気出るかと思いましたがな。犯してるのはもちろん舘ひろし、映画デビュー作品だそうですな。


  • 抜けた! (1)
  • 抜けない! (0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。